不動産担保ローンでピンチを乗り切りました

金利を安くするには担保が必要

不動産担保ローン / 不動産担保ローンの必要書類

不動産担保ローンを利用した経緯事業を拡大するには資金が必要不可欠金利を安くするには担保が必要

不動産を担保にしていても、お金を金利込みで返すという事については厳しいと感じていました。
何しろお金が無いのでお金を借りているわけですから、それにプラスの金利負担ということになるわけですから、これがきつくない人がいるわけがありません。
お金がある人がお金を借りるというのであれば、これは金利というものを無視しても良いのかもしれませんが、お金が無いのですから、金利負担は極めて厳密に計算をして出来れば負担なしというような契約をしなければならないというぐらいの覚悟でなければならない気がします。
自分の場合は金利を安くしてもらうために虎の子の不動産を担保にするという事をしてこの負担減を考えたわけです。
それぐらいの覚悟が無ければ人様のお金を借りるというような事はしてはならないというぐらいに考えなければならないはずで、これは学校でお金のことを教えるべき問題ではないのかという事も感じたりしています。