ゴルフ会員権とリゾート会員権の違いとは

ゴルフ会員権とは、ゴルフ場でプレーを楽しむ事のできる権利を指しますが、これに対してリゾート会員権とは、リゾートホテルなどに滞在することのできる権利を指します。
ですから、例えば分譲マンションと同じように部屋の一部を所有するという方法がとられることもあります。ゴルフ会員権は、最初に権利を取得する費用を支払って、そして年会費を支払うというのが一般的です。リゾート会員権も同じように、最初に取得するための費用を支払い、そしてその後は維持するための費用を支払っていくというスタイルをとるのが一般的です。

「ゴルフ会員権」の所有率
私の周りでは比較的にゴルフをする人が多いのですが、「ゴルフ会員権」を所有しているのは少ないです。9人中2人だけです。それでも私は多いと思いますが、その2人はやはり、経済的に特別ってなくらいに余裕があるし、家系も裕福な富裕層クラスなのです。やっぱり、フツーの暮らしが出来る程度では、ゴルフ会員権は所有できないということなのでしょう。
本人たちの話では「ゴルフをするなら自分のホームグランド的なものがあったほうがいい」的な話でしたが、彼らが所有する会員権は皆が驚くほどのゴルフ場のようです。私は聞いてもピンとこなかったな。

ゴルフ会員権の考え方を変えてみましょうか

値段も、ピンからキリまで

「ゴルフ会員権」の値段も、ピンからキリまでありますね。
場所によっては10万、20万円台ってなゴルフ会員権もありますし、上を見れば1000万円以上のものまでと。会員権は、持っているといろんなことが優先されるものですが、維持費のことを考えると負担額があるのでなかなか手が出せないのがほとんどの方の状況でしょう。考えるに無理して会員にならずに、自分のタイミングで好きなゴルフ場へ行くのもいいと思うのです。ひとつのゴルフ場に通いつめるのなら購入したほうがお得になりますが、いろんなゴルフコースで遊びたいならいらないものですよね。