ゴルフのマナーについて

ルールがあるから楽しい

HOME ≫ゴルフのマナーを身につけよう
ゴルフのマナーの話

「ゴルフ会員権」効果があるお話を先日に書きましたが、ダメなマナーについていくつか覚えておきましょうね。軽めにいくと、ラウンド中は大声でしゃべったり、携帯電話なんかを使ってはいけません。電車内と一緒で当然と言えば当然ですかね。そして、遅延プレーにつながる行為は絶対にやめましょう(過剰な素振りなんかですね)。ゴルフのマナーでは、この遅延行為が一番嫌がられるようですよ。ホントに気をつけましょう。とりあえず、初心者でも急ぐ、急いでいる様が感じられればいいということなのです。次につなぐ行為がマナーのようですね。

ダメなマナーについてお話します

タバコマナー

ゴルフのダメなマナーについて語ります。
ゴルフでは服装にも気を使わないといけないのです。Tシャツやジーパン、サンダルなんてのは超NGなんですよ。時代の変化もあると思いますがこのあたりは揺るぎないものなんです(とくに若い人は自由すぎるので注意ですね)。そして、次はタバコのことですね。喫煙者はちゃんと指定された場所で吸いましょう(みんなのゴルフ場です。しっかりルールを守って)。
紳士のスポーツです。ゴルフをはじめるのならプライドを持ちましょうね。

ゴルフ会員権の価値があるのかどうかを判断しましょう

相続放棄をすると「ゴルフ会員権」も失うことになります。相続放棄というものは、いろいろな理由があってことですから、美味しいところだけ相続することはできないのです。 負債だけ放棄して資産を受け取ると言うような都合の良い子とはできないという点に注意しておきましょう。ですから、ゴルフ会員権を持っているのであれば、その評価を行って、それを受け継ぐだけの価値があるのかどうかを判断する事は必要となります。

ゴルフ会員権は意識が高まる

「ゴルフ会員権があると、自然とルールやマナーに意識が高まる」と、この前書いたと思いますが、このことは本当でしたね。 何人かの会員権所有者に聞いてみると、やはり「自分のゴルフ場」的な意識はしっかりあるそうです。その意見をまとめると、時間短縮ときれいに使うこと。この二つのことは皆さん一緒で徹底しているそうです。(ゴルフでの遅延プレーヤーはダメなんですよ)このことから考えるとやっぱり、ゴルフをする方は「ゴルフ会員権」を持つべきだと考えますね。全体的にもう少し価格が下がるような何かがあるといいな。