「競技会に参加できる」メリットが魅力

ゴルフ会員権を所有すると、さまざまなメリットがあります。その中のひとつに「競技会に参加できる」というものがあるのです。
ゴルフ場の会員と月例会や選手権で競い合ったり、月例会や選手権で上手な会員のプレーを間近で見ることは、自身のゴルフの腕前の上達にもつながります。また、ゴルフ会員権を取得するとハンディキャップを取得することができるようになります。
これは、ゴルフの技量を示すもので、大会の参加条件に含まれる場合もあります。
うまくなればなるほど出場可能になる試合が多くなるので、ゴルフ会員権を取得したのであれば、単に保有したままにせずにゴルフ場でたくさんプレーすべきでしょう。

ゴルフは真っ直ぐ飛ばないもの

ゴルフは真っ直ぐ飛ばないもの

ワタシは流行りというかなんというか、友人等がゴルフを始めたので、その流れでゴルフをすることになったのです。初めから上手くいくとは思いませんでしたが「こんなに前に、真っ直ぐ飛ばないものなのか」と痛感しましたね(最初、ボールに当たることすら難しかったですよ)。
あちらこちらと、ホント前にボールは飛ばないものなのです。「はじめはみんなそんなものだ」と友人に言われましたが、自分的にはそんなレベルではないと思ったのですが。なんやかんやと練習して、なんとか前に飛ぶようになったのでコースデビュー。そして、これには参りました。次回につづく

ゴルフは何か夢があるスポーツだと思います
「ゴルフ」のことを考え直してみると、やっぱりこれだけ人気に火がついたくらいだからおもしろいスポーツだと思うのです(途中でヤメたワタシがいうのも何ですが)。ワタシが小さい頃、ゴルフはおじさんが楽しむスポーツというイメージでしたが、最近は若手ゴルファーの台頭で小学生でもはじめるような勢いがついていますよね。
家族で一緒に楽しめるスポーツってなかなかないものです(おじいちゃんと一緒にゴルフってステキだとおもいませんか)。ヤメたワタシがおすすめするのも変な感じですが、ゴルフは何か夢があるスポーツだと思います。